TOP > ブログ > ブログ > 寝不足が太る原因に?!

Blogブログ
ブログ

寝不足が太る原因に?!

新着情報2019.03.8

こんにちは!ちーさんです。

みなさん1日の睡眠時間は何時間くらいですか??

寝不足はダイエットの敵であるというのはご存知の方も多いと思いますが、なぜ寝不足だとダイエットに良くないのかを説明したいと思います。

睡眠時間4時間以下は肥満になりやすい

コロンビア大学が約2万人を調査した結果、

4時間以下の睡眠しか取らない人は、7時間以上の十分な睡眠を取っている人に比べ、73%も肥満になりやすいという報告がなされました。
また5時間では50%。6時間の時は23%と、睡眠と肥満の関係がはっきりと証明された瞬間でした。

 

睡眠時間が短いと、グレリンという食欲増進ホルモンの分泌が増加しさらにレプチンという食欲抑制ホルモンの分泌が減るため、食欲が増すことがわかっています。そのため寝不足の人は、そうでない人に比べて肥満傾向にあるという調査結果も出ています。

グレリンが増加すると、フライドポテトやナッツのような高カロリーの食事を好む傾向が顕著に現れました。

つまり、『寝不足になっただけで、食事の量が増え、しかも太りやすい食事を好む』ということが分かりました。

睡眠不足が作る肥満スパイラル

  1. 食事を我慢できず、限界が分からないので食べ過ぎる。
  2. 食べる物といえば、高カロリーな食品ばかり。
  3. コルチゾールが出ないので、脂肪が燃えない、減らせない。
  4. 古い細胞ばかりで、基礎代謝も減る一方。
  5. 大量のエネルギーを溜めこんで、その全てが脂肪に変わる。
  6. これでは、睡眠時間4時間の人が73%も肥満になりやすいとする研究結果にも納得がいくというものです。

この肥満スパイラルを抜け出すには、まずは十分な睡眠を取る事から始めるしかありません。
幸いなことに、食欲をコントロールする『グレリン』と『レプチン』のホルモンは、2日間連続して10時間の睡眠を取る事で正常値に戻る事が分かっています。

また成長ホルモンの分泌が活発になる時間も分かっていますので、自分の睡眠をそのタイミングに合わせる事も、そう難しくはないはずです。

当てはまる方、しっかり睡眠とりましょう!!

 

 

 

フェリーチェグループ

この記事を書いた人

フェリーチェグループ

すべての女性に「Felice(しあわせ)」を~ 心と身体 クリアに美しく ~ FELICE GROUPは、あなたのキレイを応援します。