TOP > ブログ > ブログ > 食べ過ぎてしまった翌日のリセット方法

Blogブログ
ブログ

食べ過ぎてしまった翌日のリセット方法

新着情報2019.03.1

 

ダイエット中でも今日だけはいいよね?また明日から頑張ろう!ってゆう日ありますよね☺

ってことで今日は食べてしまった翌日のリセット方法についてです!

しまった!という時は、48時間以内(2日以内)に対処するのが重要です。

食事は抜くべからず

食べ過ぎた後は、「次の日は食べないようにすればダイエットになる」と考える人が多くいます。

実際、食べ過ぎた後は食事を抜いて調節しているという話もよく耳にします。

 

「昨日食べ過ぎたから食べなくても大丈夫。」といって朝ご飯を抜くのはNGです。

 

空腹時間が長く続くと身体が軽い餓死状態になっていると錯覚し次の食事をとったときに

体はより多くのエネルギーを体脂肪として蓄えようとしてしまいます

なので朝食はしっかりととるようにしましょう!!

 

ストレッチをするべし

食べ過ぎてしまった次の日、朝起きたらまずストレッチをしましょう。

体を伸ばすストレッチは内臓や腸も刺激されます。

代謝機能が高まりカロリー消費量が上がります。

老廃物を排出する働きも促進されます。

 

オススメの飲み物

食べ過ぎとには、むくみ解消効果のある飲み物、利尿作用のある飲み物、代謝を上げる効果のある飲み物ががオススメ。

中でもカリウムを多く含むルイボスティー、巡りを良くする杜仲茶、水分バランスを整えるどくだみ茶は特にオススメのお茶です。

 

食事時に飲みやすい緑茶もオススメ。

血流を上げて老廃物の排出を促進する作用があります。

 

代謝を上げるには、豆乳、生姜入りドリンクが効果的です。豆乳は温めて飲むとさらに代謝アップ効果が上がります。

ココアやきな粉など食物繊維をプラスした豆乳ドリンクは、代謝アップに加えてデトックス効果も高まるオススメドリンクです。

 

体を温める効果のある生姜は、体温を上げて体の巡りを良くし、代謝を上げてくれます。

紅茶やココアなどに生姜を足して温かい生姜ドリンクを飲みましょう。

 

オススメの食べ物

飲み物と同じ要領で、代謝を促す食品とデトックス効果の期待出来る食品を摂りましょう。

代謝の高まる食品は、エネルギーとして栄養や脂肪を燃焼する働きを担い、摂り過ぎてしまったものを蓄積せずに使ってしまう働きがあります。

ビタミンB群を豊富に含む食品には、糖質や脂質の分解を促進して代謝を高める作用があります。

玄米、納豆、枝豆、青魚、バナナ、牛乳、ヨーグルトなどです。

 

食べ過ぎた次の日は、食物繊維も積極的に摂りましょう。

食物繊維が豊富な食品を多く取り入れて、腸内環境を整えましょう。

食物繊維を多く含む食べ物は、レタス、キャベツ、ほうれん草などの葉野菜、エリンギ、なめこなどのキノコ類、わかめ、ひじきなどの海藻類、さつまいも、ニンジン、ゴボウなどの根菜類、納豆、ゆであずきなどの豆類です。

野菜、キノコ、海藻は低カロリーな食材で、食べ過ぎのカロリーコントロールにもなります。

食べ過ぎた翌日に、これらの食材を多く摂取することを心がけて、食べ過ぎをリセットしましょう。

 

 

食べ過ぎてしまったからといってそこであきらめてはいけません!大丈夫です\(^^)/リセットしてまたはじめましょう♪♪

フェリーチェグループ

この記事を書いた人

フェリーチェグループ

すべての女性に「Felice(しあわせ)」を~ 心と身体 クリアに美しく ~ FELICE GROUPは、あなたのキレイを応援します。